タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

おしゃれなフュージョン料理「THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)」でディナー

https://www.thehouseonsathorn.com/

タイならではの美味しいコース料理が食べたいけど、こてこてなタイ料理は食べ飽きたしちょっと違うんだよなー、何かないかなーと探していて見つけたのがこちら!

チョノンシー駅近くにある「THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)」です。

旦那の誕生日お祝いで行ったのですが、おしゃれな演出とモダンで美味しいフュージョン料理でとっても喜んでもらえました。

結婚式とかもやってるんですね。素敵!

アジアのベストレストラン50に選ばれた実力派!

最近ではバンコクにあるガガンが毎年のように1位を獲得していることでも話題のアジアベストレストラン50ですが、ハウス・オン・サトーンも2年連続でランクインしています。

その割にはディナーコースのお値段が1人あたり2900バーツと良心的。(もっと安い2200バーツのコースもあります。)

東京でベストレストラン50に入っているお鮨屋さんに行ったら1人3万円はしますからね・・・。リーズナブルだと思います。

味わいはいわゆるタイ料理とは違い、フレンチに近いかな…?でもどことなくアジアを感があるっていう…表現するのが難しいあたりがフュージョン料理ってかんじですね。

百聞は一見に如かずなのでコースの中身を写真と動画でご紹介します。

ハウス・オブ・サトーンで実際に食べたディナーコースはこちら

まずはメニューです。これだけだと何が出てくるかわかりません。わくわく。

品数めちゃくちゃ多くてなんと14品!!でもちょびっとずつ出てくるのでなんとか食べきれました。(苦しかったですがw)

お通しはキャビアののったカルパッチョ的なもの。しょっぱなから凝った見た目でテンションあがります。

貝殻に見立てたフリット。

なにこれかわいい!!卵の殻に入ったムースは味も見た目も女心をくすぐるかんじでした。

このときはノンアルコールドリンクを頼んだのですが、カクテルのような味わいとかわいいお花の演出がありました。

続いてはこちら。お菓子のような見た目ですがフォアグラのパテが入っていてしょっぱさと甘さの絶妙なコントラクション。倒さずに運んできたのもすごいですね(笑)

さっぱりした味わいのものも挟んで出てくれるのでパクパク食べれちゃいます。

全部動画にはとっていないのですが、こんなかんじでちょこちょこ凝った演出が入りながらリザーブしてくれるのが最高です。

いちいち楽しい!!食材や味付けの説明もわかりやすく英語でしてくれます。ちなみにこれは日本風の味付けでダシが効いてました。懐かしい味がして美味しかったです。

下に敷いてある葉っぱは本物で見せ方にとにかくこだわりを感じます。

終盤に入るにつれ、重めの料理に。エビちゃん、美味!

お肉は3種類も。とにかく食べてみて!としかいいようがない、味わったことのない不思議な味でした。

もう無理…食べれない…。というところですが、デザートは別腹。

氷で出来た器にシロップを注いで食べる新感覚なかき氷、とても美味しかったです。

これとは別に、誕生日のお祝いのデザートプレートも出てきてお祝いしてもらいました。スタッフの方の手書きのメッセージカードもついてました。ホスピタリティ最高です。

ノスタルジックで素敵な雰囲気のレストラン

ご飯だけでなく、こちらのレストランは130年もの歴史ある洋館を改装した素敵な雰囲気も魅力の1つ。

ラグジュアリーすぎずに気軽に食事が楽しめる雰囲気でした。ドレスコードもスマートカジュアルなので、普段通りの服で行きました。

もっと気軽に楽しみたい方は、ランチやアフタヌーンティーも人気なのでいいかもしれませんね。

アフタヌーンティーのこのワッフル、めちゃくちゃ美味しそう、、!

場所はWホテルのすぐ横になります。

ちなみに、予約はこちらのサイトで簡単にできました。私の英語力だと電話は緊張してしまうのですが、ネットならスムーズに予約できるので助かっています。

まとめ

店名:THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)

場所:バンコク チョノンシー駅徒歩5分

Googleマップ:https://goo.gl/maps/3KKwkp1epZNDSDwW7

電話番号:02-344-4025

同じくチョンノンシー駅のオススメ

バンコクで一番美味しい小籠包 永和豆漿(YONG HE DOU JIANG)で安旨中華に舌鼓@バンコク・チョンノンシー【小籠包の名店】