タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

ホテルを取るならどこ?バンコク観光で便利な宿泊エリア4選!それぞれの特徴も紹介

バンコクは宿泊施設の選択肢が多いので、観光の拠点とするエリアが人によって変わります。世界随一の観光都市ならではの事情であり、魅力でもありますよね。

しかし、自由度が高すぎるゆえに、どの辺りに泊まればいいのか迷う人も多いと思います。

そこで今回は、人気エリアの中から、初めてのバンコク観光で便利な宿泊エリアを4カ所ご紹介します。滞在場所に悩んだときの参考になれば嬉しいです。

①スクンビット沿線エリア

バランスの取れた立地条件

日本人居住区でもあるスクンビット沿線は、バンコク観光においてバランスのとれたエリアです。

このエリアは大型ショッピングモールが多くあり、ランドマークでもあるアソークの「ターミナル21」やプロンポンの「エムクォーティエ」・「エンポリアム」、サイアムの「サイアムパラゴン」や「セントラルワールド」などにもアクセス抜群です。

お洒落なレストランやカフェ、土産物店などもたくさんありますし、路地に入ればタイローカルなお店にもすぐに出会うことができます。

また、ナナ駅前とアソーク駅前には、バンコク有数の歓楽街があることも人気の理由の一つです。

ショッピング、グルメ、ナイトライフ、交通機関(BTS)など、全体的にバランスのいい立地なので、タイ初心者におすすめのエリアです。
欠点を挙げると、三大寺院などのバンコクの目玉観光地から離れていることや、”タイらしさ”が物足りないところでしょうか。

メリット

  • とにかくショッピングに便利
  • 話題のレストランやカフェが多い
  • BTSスクンビット線沿いなので、交通の便が良い
  • 格安~高級まで、ホテルの選択肢がバンコクで最も豊富
  • ナイトライフも楽しめる

デメリット

  • 三大寺院など、観光名所から離れている
  • ”タイらしさ”に少し触れにくい
  • 道路の渋滞がひどい

ただ、2019年9月のバンコクMRT(地下鉄)の延伸で、観光名所へのアクセスはかなり便利になりました。
詳しくは下の記事からどうぞ!

【陸の孤島は卒業】MRT(地下鉄)ブルーラインの延伸でバンコク観光が変わる!

②リバーサイドエリア(チャオプラヤー川周辺)

高級ホテルが立ち並ぶエリア

リバーサイドは、「マンダリン・オリエンタル」、「シャングリラ」、「ヒルトン」など、世界有数の5つ星ホテルが立ち並ぶエリアです。

ホテルからチャオプラヤー川を眺める景観は素晴らしく、リバーサイドらしい水上ボートやナイトクルーズも楽しむことができます。

アジア最大級のナイトマーケット「アジアンティーク・ザ・リバーフロント」や、日本の「高島屋」も入る「アイコンサイアム」があるので、ショッピングにも意外と便利です。

バンコクで最も有名なルーフトップバー「シロッコ・スカイバー 」もこの周辺です。

初タイ旅行の方にとっては、王宮周辺の観光名所が近いことも便利なポイントですね。

欠点は、繁華街から離れているので、どうしても食事やショッピングなどで選択肢が減ることです。
この点については、”全体的に雰囲気が落ち着いている”という利点と考えることもできますね。

メリット

  • チャオプラヤー川沿いの景色が素晴らしい
  • 観光名所にほど近い
  • 都心の喧騒から離れられる
  • 五つ星ホテルで優雅に過ごせる

デメリット

  • 繁華街から離れている(食事や買い物場所の選択肢が減る)
  • 交通の便が良くない
  • ホテルの相場が高め

③シーロム周辺エリア

昼と夜でガラリと顔の変わるエリア

シーロムは、バンコク屈指のオフィス街と歓楽街、両方の顔を持つエリアです。

有名なナイトスポットであることは言うまでもありませんが、近年はグルメスポットとしても注目を浴びています。

「アジアのベストレストラン」に名を連ねる名店や「ミシュランガイド」掲載のお店など、バンコク最高クラスのレストランが次々と生まれています。
また、オフィス街という立地上、昼間は安くて美味しいランチも豊富です。

先に紹介した①スクンビットと②リバーサイドの間に位置するエリアで、BTSとMRTの接続駅でもあるので、交通の便も良好です。

ただ、シーロム単体で見ると、いわゆる観光名所やショッピングスポットは少ないので、リピーター向けエリアという側面もあります。

メリット

  • ナイトマーケットや歓楽街など、ナイトライフが充実
  • 評価の高いレストランが多い
  • 交通の便が良い
  • 昼夜で違うバンコクを感じられる

このエリアのおすすめレストランはコチラ!

おしゃれなフュージョン料理「THE HOUSE ON SATHORN(ザ・ハウス・オン・サトーン)」でディナー

デメリット

  • ビジネス街なので、昼間の観光スポットが少ない
  • 夜は歩道も車道も大混雑
  • 人によっては、猥雑さが気になるかも

④カオサン通り周辺エリア

世界各国から旅行者が集まる”バックパッカーの聖地”

カオサン通りは、ドミトリータイプやゲストハウスなどの安価なホテル、ローカルレストランや屋台、旅行代理店、バーなどが密集しているので、一人旅におすすめの拠点です。

特に、予算を抑えて観光したい人やリピーターに人気があります。

今も昔も世界中から旅行者が集まる通りなので、旅の情報収集には持ってこいのエリアでもあります。
最近では、タイ人の若者たちの遊び場にもなってきたので、色々な交流が生まれやすい場所ですね。

カオサン通りの大きな特徴として、良くも悪くもクローズドな環境と言えます。

”バックパッカーの聖地”と称されるだけあって、旅行で必要なもの全てがカオサンで完結します。
この環境を有効的に利用できる人、怠けて腰が重くなる人に分かれるイメージがあります。

電車が通っていない場所(最寄り駅まで徒歩約30分)なので、交通の便は良くありません。

メリット

  • 格安ホテルが多い
  • 旅の情報収集がしやすい
  • 代理店が多いので、現地ツアーに参加しやすい
  • 王宮エリアが近い

デメリット

  • 交通の便が良くない
  • 市内中心部以上に観光地価格のものが多い
  • 夜通し賑やかなので落ち着けない人も

まとめ

①バランスの良いスクンビット沿線エリア
②川沿いで優雅に過ごせるリバーサイドエリア
③ナイトライフが充実するシーロム周辺エリア
④世界中の旅行者と交流できるカオサン通り周辺エリア

効率の良い観光や快適に過ごすためには、滞在するエリアは重要ですよね。

今回紹介したエリアは、いずれも人気のあるエリアなので、選んで失敗することは少ないと思います。あとは結局、旅の目的や好みの問題ですね。

ちなみに、私のおすすめは

①スクンビット沿線エリア

です。

初バンコクの場合、三大寺院を始めとした王宮周辺はマストだと思うので、アクセスしづらい(遠い)ことがスクンビットエリアのネックでした。
しかし、今や王宮周辺も電車で即アクセスが可能になったので、死角はほぼありません。

初めてで不安に思うことが多い場合、迷わずスクンビット沿線に宿を取っていいと思います!

空港から各エリアまでは送迎サービスも便利!

【アテンドにもオススメ】タイ・バンコクの空港送迎はSPリムジンで決まり!