タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

【タイ・バンコクの旅行者向けSIM情報まとめ】おすすめのキャリアや料金プラン、空港での購入方法

今や、海外旅行とスマホは切り離せない関係となりました。

スマホさえあれば、観光地までのアクセスやおすすめのお店なども調べられ、道に迷っても位置情報で現在地を確認、さらには外国語の翻訳も簡単に出来てしまいます。

また、海外旅行中は何が起こるか分からないので、スマホが常時使える状態だと安心感も段違いですよね。

世界的な観光立国であるタイは、旅行者向けのプリペイドSIMが充実しています。

今回は、各キャリアや料金プランの解説など、タイの旅行者向けSIMカード情報をご紹介していきます。タイ旅行のご参考にどうぞ!

【大前提】SIMフリー端末が必須!

日本のキャリアで購入したスマホは、基本的にSIMロックが施されています。

ロックされたままでは海外のSIMカードが利用できないので、必ずお持ちのスマホを「SIMフリー」にしておきましょう!

ロックの解除は、店頭での手続き又はwebからの申し込みでも可能。解除手数料は3,000円(税別)です。

詳しくは、お使いのキャリアの公式サイトからご確認ください。

主要キャリアはAIS・dtac・Trueの3社

タイの主要キャリアは、AIS・dtac・Trueの3社です。

日本のdocomo・au・Softbankをイメージすると、ここからの情報が入ってきやすいかもしれません。

キャリア公式サイト:AISdtacTrue

おすすめのキャリアは?

通信範囲タイ国内No.1、速度も東南アジア最速を謳っているAISが最大手です。

ただ、街歩き中に利用することといえば、主にインターネット検索・SNS・GoogleMapくらいなので、基本的にどのキャリアを選んでも失敗することはありません。

迷ったらAISが間違いないとは思いますが、あまりキャリアにこだわらず、後述するパッケージプランの好みやご自身の予算で決めてOKです!

SIMカードは空港で購入、全て設定してもらうのがベスト!

バンコクの空港(スワンナプーム・ドンムアン)では、簡単にSIMカードを購入できるうえに、アクティベーションやプランへの加入など、その全てを店員さんが設定してくれるので、お金とスマホを出すだけで即時ネット環境が整います。

街のショップやコンビニでもSIMカードの購入は可能ですが、店員さんとのやり取りや設定などで何かと手間がかかるので、初めての方は空港での購入を強くおすすめします!

両空港とも、到着フロアに全てのキャリアが揃っているので、簡単に見つけられると思います。

SIMカードの購入方法

※購入にはパスポートの提示が必要です。

①各キャリアのカウンターにプラン一覧表があるので、指差しで注文し、スマホを店員さんに渡します。
(言語設定は日本語のままでOK)

AISのSIM料金表

②設定は2~3分ほどで完了します。

③挿入されていたSIMカードは返却されます。日本のSIMカードを紛失してしまった場合、回線の停止や再発行などで帰国後に面倒なことになるので、しっかりと保管しておきましょう。

各キャリアの旅行者向けパッケージプラン

※2019年11月現在の情報です。

AIS

スワンナプーム空港のAISショップ
日数データ容量無料通話料金
8日9GB100バーツ分299バーツ
15日5GB50バーツ分449バーツ
30日7.5GBなし599バーツ
30日12GBなし899バーツ
30日15GB50バーツ分1,049バーツ
30日24GB100バーツ分1,849バーツ
30日36GB100バーツ分2,699バーツ
30日48GB100バーツ分3,549バーツ

dtac

スワンナプーム空港のdtacショップ
日数データ容量無料通話料金
8日15GB10バーツ分299バーツ
8日9GB100バーツ分299バーツ
10日15GB35バーツ分499バーツ
15日30GB10バーツ分599バーツ
20日10GB80バーツ分649バーツ
30日9GB70バーツ分549バーツ
30日12GB10バーツ分899バーツ
30日20GB130バーツ分1,349バーツ

True

スワンナプーム空港のTrueショップ
日数データ容量無料通話料金
8日8.5GB35バーツ分299バーツ
8日13GBなし299バーツ
8日18.5GB40バーツ分399バーツ
15日8GB50バーツ分599バーツ
15日18GB50バーツ分699バーツ
15日23GB80バーツ分899バーツ
30日6GB50バーツ分600バーツ
30日15GB50バーツ分1,050バーツ
30日25GB50バーツ分1,150バーツ
30日無制限45バーツ分1,650バーツ

滞在期間別おすすめのプラン

短期旅行(1週間以内)

1週間以内の短期旅行の場合、8日プランの購入が考えられます。

プラン料金

まずは、プランの料金から見ていきます。
Trueの18.5GBのプランだけ100バーツ高く、あとは全て299バーツで並んでいます。

無料通話

短期の海外旅行中、滞在国内で音声通話を使うシチュエーションを考えてみましたが、
①レストランの予約
②現地ツアー会社との連絡
③緊急時
くらいでしょうか?

いざという時のために持っておいて損はなさそうですね。
特に必要のない方は、チェックポイントから外してください。

データ容量

最重要項目のデータ容量です。
ホテルでは館内のWi-Fiを利用するので、日中の街歩きでどのくらいスマホを利用するかがポイントですよね。

渡航前に日本のキャリアのマイページで、「自分が毎月どのくらいデータ通信をしているのか」を調べておくと目安になると思います。

観光中にInstagramを頻繁に利用・更新するケースなど、かなり多めに見積もっても1週間で4GBあれば十分だと思います。

短期旅行のおすすめ

以上を踏まえて、短期旅行のおすすめプランは、

通信の安定感もある、AISの8日プランです!

長期旅行(2週間~)

~2週間のおすすめ

1週間を少し超える日程であれば、最もプランが細分化されているdtacの10日プランが日数的にちょうどいいと思います。

2週間ほどの場合、AISの15日プランは5GBで心もとないので、

データ容量重視:dtacの15日プラン
バランス重視:Trueの15日プラン(8GB)
がおすすめです!

Trueには、同じく15日間でデータ容量の多いプランもありますが、料金が高くなる&データを余らせる可能性が高いので除きました。

~1カ月のおすすめ

1カ月ともなると、かなり個人差が出てきます。

期間中、バンコクやパタヤなどのメジャーな街に滞在する場合は、

dtacの30日プラン(9GB or 12GB)
Trueの30日プラン(15GB)

タイの色々な地方を周る場合、

通信範囲No.1、AISの30日プラン(15GB)
がおすすめです!

まとめ

・SIMロック解除を忘れずに!
・迷ったらタイ最大手のAIS
・SIMは空港での購入が間違いなし!
・滞在日数や旅のスタイルでプランを選択

タイのプリペイドSIMは、全キャリアAmazonで販売されているので、渡航前に事前購入することも可能です。

タイに降り立った瞬間からスマホが利用でき、空港で購入する手間も省くことができるので、こちらもおすすめです!

引用: A.I.S
>>【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき(Amazon)