タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

タイ・バンコクから北朝鮮・平壌カウントダウンツアーに参加してきた話【旅行記②「国境の町」丹東編】

中国と北朝鮮の国境の町丹東にある一歩跨

北朝鮮・平壌旅行記の第2回、今回は国境の町である中国・丹東(タントン)の様子をお届けします。

少しでも細かくお伝えできればと思い、せっかくなので国境の町もご紹介することにしました。

次回こそ入国しますので、しばしお付き合いください。

【準備編】は、下記リンクからご覧ください。

注意
外務省からは、北朝鮮への渡航自粛要請が発令されています。(継続中)
また、日本と北朝鮮との間には国交がありません。当然ながら、大使館や領事館に相当する機関も設置されていないので、万が一の場合でも迅速な保護や支援を受けることは不可能です。
北朝鮮旅行に興味のある方は、以上のことを十分理解したうえ、全て自己責任で参加してください。
当記事は、渡航を勧めるものではありません。

タイ・バンコクから飛行機で5時間、中国・大連へ

いよいよ出発当日。
バンコクから大連までは、ノックスクートの直行便で約5時間のフライトです。

深夜3:00発の便だったので、時間的にはかなり余裕があり、ドンムアン空港には無駄に早く到着しました。

しかし、どうにも様子がおかしい…。