タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

タイ・バンコクから北朝鮮・平壌カウントダウンツアーに参加してきた話【旅行記④2019-2020カウントダウンイベント編】

北朝鮮・平壌の金日成広場で開催された2019-2020カウントダウンイベントの花火大会会場のステージ

北朝鮮・平壌旅行記の第4回、今回は謎に包まれた北朝鮮のカウントダウンイベントについてお届けします。

ここまでの流れは、下記リンクからご覧ください。

注意
外務省からは、北朝鮮への渡航自粛要請が発令されています。(継続中)
また、日本と北朝鮮との間には国交がありません。当然ながら、大使館や領事館に相当する機関も設置されていないので、万が一の場合でも迅速な保護や支援を受けることは不可能です。
北朝鮮旅行に興味のある方は、以上のことを十分理解したうえ、全て自己責任で参加してください。
当記事は、渡航を勧めるものではありません。

初挑戦!意外と美味しい北朝鮮の料理

平壌に到着するや否やマイクロバスに乗せられ、全員で市内のレストランへ直行。

道中、ガイドから「どうして(北)朝鮮に来ようと思ったんですか?」と話を振られましたが、

日本人拉致するわ、ド貧乏なくせに核実験強行するわ、ミサイルぶっ放すわ、洗脳した工作員使って飛行機爆破するわ、白昼堂々と公開処刑するわ、すぐに強制収容所ぶち込むわ、国民の自由も奪いまくりの世界一のネタ国家がずっと見たくて!もし滅んで民主化されたら見る価値がないので、滅ぶ前に来ました!!」

なんて本音は絶対に言えません…。

北朝鮮・平壌市内にある外国人用レストランのテーブル

そうこうしているうちに、色鮮やかなレストランに到着。
外国人用のお店なのは間違いなく、店内は私たちの貸切状態でした。