タイ・バンコク発の参加型ブログメディア

タイのマクドナルドとスターバックスの価格【世界で何位?】

タイにも多くの店舗がある世界的チェーン店、マクドナルドとスターバックスコーヒー。

物価の安いタイですが、この2大チェーン店の価格や価値は、世界的に見るとどの辺りに位置しているのでしょうか?

タイのビッグマックは世界で何位?

今回は、よく物価の目安になるビッグマックで見てみたいと思います。

タイのビッグマックは、2019年9月現在119バーツ(約420円)という単品価格です。

下の表は、イギリスの経済紙「The Economist」が毎年発表しているランキングから抜粋しました。

出典:The Economist – Big Mac index
参考:世界経済のネタ帳

順位国名価格(円)
1位スイス712
2位アメリカ624
3位スウェーデン585
4位カナダ561
5位ノルウェー528
18位タイ420
26位日本390

※2019年7月USドルベースのデータ(1USドル=108.77円)

タイは18位日本は26位にランクインしています。

ついでに周辺諸国も見てみましょう。

順位国名価格(円)
12位シンガポール463
37位中国332
41位ベトナム304
42位フィリピン301
51位インドネシア246
55位マレーシア232

この周辺でタイより高いビッグマックはシンガポールのみでした。

大卒初任給が15,000バーツほど(約52,000円)と言われているので、世界的に見てもタイ人から見ても、タイのビッグマックは十分高い部類に入ります。

タイのスターバックスラテは世界で何位?

次に、スターバックスラテの価格を見てみましょう。

タイのスターバックスラテは、2019年9月現在1杯115バーツ(約400円)です。

※下の図は単純な1杯の価格ではなく、アメリカのスターバックスラテのトールサイズ(2.75USドル)をベースに、その国の物価や国民所得などを考慮してUSドルで算出されたものです。

引用元:Value Penguin (2017年のデータ)

こちらがランキングのトップテン、なんとタイは世界4位です。

アメリカなら2.75USドルで飲めるスターバックスラテですが、タイの価格設定は物価などを考慮すると8.04USドルほどの値打ちがある、ということです。
本場アメリカの約3倍はすごいですね。

その他東南アジアも上位にランクインしています。

インドネシアが8.21USドルで2位、ベトナムが8.18USドルで3位、その下にはマレーシアも控えています。
つまり、東南アジアで飲むスターバックスラテは高級品ということになります。

ちなみに、日本は3.56USドルで33位でした。

まとめ

日本では、「タイ=安い」というイメージが先行しがちですが、こういった外資系チェーン店は決して安くはない、むしろタイ国内の物価を考えると高い部類に入ります。

バンコクの屋台やフードコートのタイ料理が1皿だいたい50バーツほどなので、ハンバーガー1個やコーヒー1杯が倍以上の価格と考えると、想像しやすいかもしれません。

しかし、そんな2大チェーン店も至る所に展開されていて、どのお店もタイ人のお客さんでいっぱいです。
タイもどんどん中間層が増えている証拠ですね。

ちなみに、どちらのお店もタイ限定のオリジナルメニューがあるので、また別の機会にご紹介していきたいと思います。